くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】胃下垂の人は太らない? 内科医がダイエット都市伝説を検証』

2011年10月1日 17:00

【コブスくんのモテ男道!】胃下垂の人は太らない? 内科医がダイエット都市伝説を検証

【コブスくんのモテ男道!】胃下垂の人は太らない? 内科医がダイエット都市伝説を検証
次々と新しいダイエット法を試しても効果がないという人や、いくら食べても太らないという人がいます。

「胃下垂だから太らない?」、「水を飲んだだけでも太る?」など、世間でよく言われるダイエット都市伝説について、その真偽を、内科医で大阪府内科医会副会長・泉岡医院院長の泉岡利於(いずおか・としお)先生にうかがいました。

■太る遺伝子やデザートの「別腹」も実在する

伝説1・胃下垂の人は太らない

この説はよく耳にします。本当でしょうか?また、なぜ太らないのでしょうか。

「これは本当です。胃下垂とは、胃を釣り上げている筋肉が緩んだ状態で、女性に多い症状です。なかには骨盤のある場所まで垂れている人がいます。

口から入った食物は、胃を経て十二指腸、小腸へと消化されながら進み、栄養素のほとんどは小腸で吸収されます。しかし、胃が下にあることで、食物が胃で滞在する時間が長くなり、栄養素がなかなか吸収されません。ですから、食べているわりには栄養がとれないことになります。

また、食物が胃に残っているので、胃酸が過度に分泌されてムカツキが起こり、食欲不振になり太りにくいという傾向があります」(泉岡先生)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.