くらし情報『【エンタメCOBS】ハトの子どもは存在する? ハトについて気になることを聞いてみた』

2012年12月11日 17:10

【エンタメCOBS】ハトの子どもは存在する? ハトについて気になることを聞いてみた

【エンタメCOBS】ハトの子どもは存在する? ハトについて気になることを聞いてみた
パンをまけばどの野鳥よりも早く飛んで来て、どれだけ人間が多い公園でも平然と過ごしているハト。筆者は幼いころ、持っていたパンを数羽のハトに奪われてから、どうもハトが苦手なのですが、「ハトは夜になるとどこへ行くのか」「ハトの子どもはどこにいるのか」など、気になることが多いのも事実です。野鳥の会(http://www.wbsj.org/)に、ハトについて気になることを聞きました。

■夜にハトを見たことないけど、どこにいるの?

「ねぐらに帰ります。ハトのねぐらは思いのほか、人間たちのすみかのすぐそばです。公園の樹木の上や、駅前の木の上、川にかかる橋の下や、終電が終わった鉄橋をよーく見ると、きっとハトたちの姿を発見できるでしょう」

ちなみに橋の下には、数百羽のハトが列をなして止まっていることもあるそう。ハト嫌いな筆者からするとホラーとしか思えません。

■くちばしの横にあるメガネのような跡ってなに?

「鼻こぶのことですね。日本産の野生の種ではあまり目立たないのですが、鳩レース協会や日本伝書鳩協会、あるいは動物園などのハトに多く見られます。実は、鼻こぶの機能はまだ解明されていません。一説では磁気を感じるためのものでは、とも言われていますが……鼻こぶがないハトもいるので、すべてのハトに必要な機能というわけではないかもしれませんね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.