くらし情報『【エンタメCOBS】ロシアとお酒の面白い話』

2012年12月8日 16:30

【エンタメCOBS】ロシアとお酒の面白い話

砂糖を水に溶かしてイースト菌を混ぜ、発酵させれば「お酒」を作ることができるからです。恐ろしいのは、当時、会議に出席したソ連の要人が、テーブルに置かれていたコーヒー用の角砂糖を根こそぎ持って帰る風景が目撃されたことです。

旧ソ連の禁酒キャンペーンは、「靴クリーム」がなくなる事態までいったそうです。靴クリームにはアルコールが含有していますが、これを取り出す方法が傑作です。パンに靴クリームを分厚く塗っておいておきます。するとアルコール分が徐々にパンに染み込んでくるのだそうです。十分染み込んだところで靴クリーム部分をそぎ落としてパンを食べるのです(笑)。

■ロシアは「酔っぱらい小咄(こばなし)」ばっかり!

アルコールに対するロシア人の執念は驚くべきものです。その証拠にロシアンジョークはお酒の話が圧倒的に多いのです。最後にその傑作を1つ紹介しておきます。

「酔っぱらうってどういうこと?」

「ここにグラスが2つあるだろ。これが4つに見えだしたら酔っぱらってるぞ」

「グラス1個しかないよ」

まったくもってヒドイ(笑)。

(高橋モータース@dcp)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.