くらし情報『性格改善の心理学!尽くす女=「彼の母親」状態から「愛され彼女」に変身』

2018年11月10日 16:55

性格改善の心理学!尽くす女=「彼の母親」状態から「愛され彼女」に変身

目次

・「今まで」と違う「明日」を創り出す
・7つの人格形成要因
・改善できる人格要素は?
・まとめ
性格改善の心理学!尽くす女=「彼の母親」状態から「愛され彼女」に変身

先月公開した、宮川大輔さん主演の映画『サクらんぼの恋』をご存知ですか?

人気お笑いタレントの宮川さんが演じる山川則夫は45歳の中年男性。彼女いない歴=年齢で、日々の癒しといえば憧れのAV女優恩田リナ桜井ユキさん)の作品を観ることです。

ある日、隣に住む女性が「ちょっとだけ隠れさせて」とバスローブ姿で駆け込んできたのですが、彼女はまさかの恩田リナで…!

■「今まで」と違う「明日」を創り出す

則夫はお人よしで気弱な性格。ファミリーレストランの店長なのにバイトにバカにされ、横柄なお客に頭を下げ、謝ってばかりの毎日です。

周りに配慮するばかりで自分を出さずに生きてきた則夫ですが、リナと出会ったことで改めて自分と向き合おうとします。

今、自分は変わらなきゃいけないんじゃないか。そんな衝動に突き動かされて一歩を踏み出すのです。

よく「人は変わらない」と耳にしますが、それが本当なら、自分を変えることなんてできないのではないでしょうか。

いいえ、人格を変えることはできます。正確には、変えられるところと変えられないところがあるので、ポイントを絞って努力する必要があるのです。

今回は、そんな「性格改善の心理学

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.