くらし情報『すべての服がすこしずつ大きいこの世界を、1日でも多く好きでいたい』

2020年1月23日 19:00

すべての服がすこしずつ大きいこの世界を、1日でも多く好きでいたい

体が小さく、身長も低くて、私にはむかしからすべての服がすこしずつ大きい。あとからちょうどよくなるはずだから、と母に3年間言い聞かされていた制服のブレザーは最後まで全然ちょうどよくならなかったし、いまでもフリーサイズの洋服の試着をするときは決まって、ちょっとぶかぶかめに着るのがかわいいデザインなので、とフォローされる。

これまで私にそう声をかけてくれた無数の店員さんたちの言葉が本当ならば、この世のほとんどの服はちょっとぶかぶかめに着るのがかわいいデザインということになる。

目次

・「こんな似合わない服を着ているのを見られたら笑われる」
・服って似合わなくても着ていいんじゃないのか?
・どちらが似合うとか似合わないとか、考えるのはやめた


あ、なんか、どうやらそうじゃないっぽいな?と気づいたのと、人からの視線が怖くなりはじめたのは同じ頃だった。

■「こんな似合わない服を着ているのを見られたら笑われる」

きっかけがなんだったかははっきりと覚えていない。6年生のとき、サエちゃんとユキちゃんとマリちゃんという3人といつも一緒にいて、サエちゃんとユキちゃんは背が高くほっそりとしていたから、比べるとシホとマリは脚が短いよね、という冗談を同級生に言われたことがあったような気がするし、いま思い返すとそれを言ったのはサエちゃん自身だったような気もする。

いや、サエちゃんに言われたのは「シホって音読のときすぐ顔赤くなってウケる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.