くらし情報『この愛に泣け!”共感度ゼロ”のふたりが辿り着く究極の愛―『彼女がその名を知らない鳥たち』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#26』

2017年10月28日 10:00

この愛に泣け!”共感度ゼロ”のふたりが辿り着く究極の愛―『彼女がその名を知らない鳥たち』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#26

さん。

水島が十和子の自宅へ、”修理できなかった腕時計”の代わりに別の商品を持ってくるシーンがあります。水島の前で思わず泣いてしまった十和子に、「すみません、なぜかこうするよりないような気がいたしまして」と、急にキス……!

十和子と不倫関係になってからは、誰かに見られるとまずいと言いながらも、暗がりに導き「してくれる?」とズボンのチャックを下ろしたり……その見事なまでのゲスっぷりは必見です。

ベッドシーンでは「”あー”と言って」と十和子に声を出させたりと、その爽やかな変態ぶりも見逃せません。監督が「(松坂桃李は)本当に誠実にこの薄っぺらい役に取り組んでくれました」と語るその演技は、ぜひスクリーンでご覧ください。

Sub6

◼︎”イヤミス”の女王、沼田まほかるによる原作小説にも注目!

「この本に描かれている『無償の愛』を映像化してみたいと感じた」

そう話すのは、本作のメガホンをとった白石和彌(しらいし・かずや)監督です。

「この映画は、原作者の沼田まほかるさんの力に支配されている作品になっています。仏像を作る仏師の人たちの『私たちは木くずをはらっているだけ。木の中にいる仏を出しているだけなんです』という言葉を読んだことがあるのですが、感覚はそれに近い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.