くらし情報『映画『女と男の観覧車』感想。名匠ウッディ・アレン監督脚本の最新作! 愛と欲望、心ざわめくヒューマンドラマ。』

映画『女と男の観覧車』感想。名匠ウッディ・アレン監督脚本の最新作! 愛と欲望、心ざわめくヒューマンドラマ。

2018年5月22日 17:00
 

目次

・映画『女と男の観覧車』あらすじー1950年代、NYコニーアイランドを舞台にまわる、まわる、秘密の恋。
・映画『女と男の観覧車』作品紹介
・映画『女と男の観覧車』キャスト
%e6%98%a0%e7%94%bb %e5%a5%b3%e3%81%a8%e7%94%b7%e3%81%ae%e8%a6%b3%e8%a6%a7%e8%bb%8a %e7%b7%9a


©︎ YUMIMOROTO

こんにちは。アートディレクターの諸戸佑美です。

今回ご紹介する映画は、名匠ウッディ・アレン監督がケイト・ウィンスレットを主役に迎え、1950年代NY・コニーアイランドを舞台に、愛と裏切り、人生の切なさを描いた物語、映画『女と男の観覧車』をお送りします!

映画の舞台となるコニーアイランドは、ニューヨークのブルックリンの南端に位置する半島で、ビーチと遊園地で知られ、多くの観光客で集まる美しいリゾート地ですが、ウッディ・アレン自身が子どもの頃に何度も訪れたという思い出の場所。

アレン監督は、1950年代のコニーアイランドを詩情豊かな夢のような映像美で描くために『ブルージャスミン』をはじめ30本のアレン作品を支えてきた美術のサント・ロカストや『地獄の目次録』などで3度アカデミー賞を受賞した撮影監督のヴィットリオ・ストラーロと共に制作。

人生の喜び、怒り、哀しみ、楽しさを乗せてまわり続ける観覧車は、この映画そのものを象徴しているかのようにエモーショナルに描かれ不思議な余韻を残します。

安定を願いながら刺激を求め、真実の愛に憧れながら刹那の恋に溺れ、あくなき理想を追い求める情熱的な主人公のジニーを演じたのは、『タイタニック』『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレット

オスカー女優ケイト・ウィンスレットの新境地をぜひ映画館でお楽しみください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.