余ったハンドクリームの予想外な5つの活用術!

2016年11月20日 07:00
 

かとうともみ ライター
かとうともみ

これからの季節、手や指のケアに欠かせないハンドクリーム。でも、香りやテクスチャが好みではなかったり、量が多すぎたりして、使い切れないまま余らせてしまうこともあるかもしれません。余ったハンドクリームをそのまま捨てるのはもったいない! 手の保湿だけではない、意外な使い道があります。

目次

・ボディケアやヘアケアに
・ストッキングやタイツの静電気防止に
・子どもがはった、シールはがしにも!
・鏡の曇りを防いでピカピカに
・バッグや靴のお手入れにも

(c) sunabesyou - Fotolia.com


■ボディケアやヘアケアに

ハンドクリームは、手だけではなくボディや髪のケアにも使えます。いい香りのハンドクリームをお風呂上がりのボディケアに使えば、保湿に加えてコロン代わりにもなります。これからの季節につらいガサガサかかとも、ハンドクリームを塗ってから靴下をはいて寝ればしっとりすべすべに。

また、痛んでしまった髪には洗ったあとの、ぬれた状態でハンドクリームを。ダメージが気になる毛先部分にクリームをつけてドライヤーで乾かせば、しっとりまとまりよく仕上がります。頭皮につけると毛穴詰まりの原因になるので気をつけてくださいね。

■ストッキングやタイツの静電気防止に

とくに冬の時期、バチッと痛いイヤな静電気。静電気のせいでスカートが足にまとわりついて困った、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、手にハンドクリームを塗り、ストッキングやタイツをはいた脚を2~3回なでてみて。それだけで、イヤな静電気がスッとおさまりますよ。出先で困ったときにもすぐ試せるのでおすすめです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.