マンネリがちな帰省時の手土産 周りと差を付けられる手土産は実はこれ⁉【パパママの本音調査】 Vol.135

2017年8月9日 08:00
 

サトウヨシコ ライター
サトウヨシコ

© tamayura39 - Fotolia.com



夏休みといえば、子どもを連れて実家に帰省をする人も多いと思います。毎年頭を悩ませるのが帰省時の手土産。高齢の祖父母の健康を考えたり、日持ちを考えたりするとどんなものがいいのか悩みます。そこで、パパとママに帰省時の手土産に何を上げているかを聞いてみました。

Q.帰省時の手土産、何をあげてる?
1.ケーキや焼き菓子、和菓子などのお菓子類  72.0%
2.ジュースやお酒などの飲料品    8.5%
3.お肉やお魚、加工品などの食品   4.5%
4.その他・食品以外         4.8%
5.手土産は持っていかない      10.1%

ケーキや焼き菓子、和菓子などのお菓子類という人が72.0%と圧倒的多数派。やはり持ち運びや日持ちを考えるとこれが一番安心なのかもしれません。手土産は持っていかないという人も10.1%いました。

■大人数が集まる家ならお菓子が便利

子連れで集まるという家なら、数がたくさんあるお菓子がやっぱり便利。食べきれなかったときにも個包装なら、それぞれの家に持ち帰ることもできます。

「個別包装の焼き菓子が多いです。賞味期限に余裕があり、多少気温が高くても持ち運びできるものを探しています。常温保存ができるものもがいいです」(茨城県 40代女性)

「お菓子とお墓の花ですね。親戚が集まるのでみんなで食べます。でもお菓子選びは自分が食べたいものです」(鹿児島県 40代男性)

「親戚が集まると子どもが多いので、断然お菓子です。質より量になるのが申しわけないのですが」(千葉県 30代女性)


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.