2018年5月5日 07:00|ウーマンエキサイト

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい! Vol.2】

子どもに料理をさせてみようとキッチンに立たせたけど、具体的に何をやらせたらいいのかわからない。そんな相談を多く受けるという、2歳から通える料理教室「Little Chef Cooking」(リトルシェフクッキング)を主宰する武田昌美さんが開発したのが、「絶対に失敗しないレシピ」です。

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】
武田昌美さん
子供料理研究家。フランスで料理の修行をしていた父の影響を受け、幼少の頃から料理に興味を持つ。航空会社にて客室乗務員をしながら、各地の料理や文化に触れ、知識を深める。2人の子どもの親となり、多くの子どもたちに料理の楽しさ、食の大切さを伝えていきたいと強く願い、2歳児から始められる料理教室を主催する。保有資格は、フードコーディネーター、スパイスマイスター、食品衛生責任者。
HP:http://little-chef-cooking.com
instagram: @littlechefcooking,@masamis__kitchen
ブログ: https://ameblo.jp/masamii0620/

「子どもたちがこぼしながら作っても、しっかり形になるようにレシピを作っています。こぼすと分量が変わってしまいますが、こぼしてもこぼさなくても成功する “ポイント” があって、それを探り当てて作っています。

例えば、うどんは大人でも足で踏んでこねるくらい弾力がありますが、油と砂糖を入れて、グルテンを吸収させてからレンジで温めると、子どもでもこねられる柔らかさになるんです。そんなふうに “小さな子どもでも作れるコツ” を織り交ぜて、レシピを開発しています」(武田さん)

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】
教室の生徒さんのために作ったレシピブック。これは武田さんの娘のももかちゃんのもの。リング綴じになっていて見やすい。

そんなふうに、「親と子どもが、分業して作るレシピ」や、「小さな子どもが1人で作れるレシピ」を開発している武田さんに、お子さんと一緒に作れる「わくわく親子ちらし寿司」のレシピを教えていただきました。

武田さんの親子レシピは、親子の作業工程を分けてご紹介しています。子どもに伝えたいポイントなどもあわせて伺いました。

■「結局お母さんがほとんど作ってしまう」ではダメ

これが「ちらし寿司」のレシピカード。武田さんのレシピは、イラストで一目瞭然。絵で見ると簡単にできそうな気がしてきます。

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】

© Little Chef Cooking


「大人向けのレシピを見ながら一緒に作ると工程が難しく、結局お母さんがほとんど作り上げてしまうことも。料理を完成させることにこだわって、子どもを制しながら作ると、子どもはまったく手が出せずつまらなくなり、『やっぱりまだできない』という気持ちになってしまいます。子どもがレシピを見て理解できて、失敗しづらい簡単なレシピなら、子どもが1人で最初から最後まで作り上げることができます。

子どもに料理を教える際、お母さんがイライラしてしまう原因は、どんどん時間がかかってしまうこと。例えば、今回ご紹介するちらし寿司ならば、炊き込んでしまえばすぐにできあがり、あとは盛り付けるだけなんです。子どもと料理をするときは、あっという間にできて形になり、かつ子どもも一緒に楽しめるという点が大事だと思います」と武田さん。

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】
武田さんが考えた「わくわく親子ちらし寿司」のレシピには、お米を研いだり、卵を切ったり、お母さんの工程ごとに子どもの遊び場が作られています。そうすると、最初から最後まで子どもたちは飽きることなく、一緒にやってくれるのだそう。

「作るのも遊びのひとつ。役割分担を明確にすると同時進行ができるから、お母さんの負担も軽くなるし、お子さんも料理が上手になる。料理の時間がいい思い出にもなります。子どもとの料理は、楽しみながらできたらそれだけでOK!」(武田さん)

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】
そして何よりも大事なのは、子どもと料理をするときはとにかく「怒らないこと」だと言います。

「お母さんはとにかく“忍”の一文字。我慢して怒らない、口を出さないで、見守るのが一番大事です。包丁を使うときなど、危ないところだけ側についてあげる。ずっと子どもの作業を見ていると、時間もかかるしストレスにもなります。

私の親子レシピは、ところどころ、子どもには好きなようにやらせて、親は別の作業をするように組み立てています。私自身もよく粗相をするのですが、そういうときに『大丈夫だよ』って言われると嬉しいなと思うので、子どももそう言ってもらいたいんだと思うんです。子どもに怒った途端、自分も失敗したりすると気まずい気持ちになるから、お互い様という感じでいます(笑)」(武田さん)

<料理を教えるママの心構えとポイント>
▼2歳からでも料理はできる! 教える前に知っておきたい、母親の心構え【子どもに料理を教えたい! Vol.1】



■2歳からOK! 親と分担して作る
「わくわく親子ちらし寿司」のレシピ

では、親子の分担ごとに作り方をご紹介していきましょう。今回取材にご協力してくれた生徒は、ももかちゃん(4歳)と温くん(3歳)。

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】

左がももかちゃん、中央が温(おん)くん。温くんは初めての料理教室体験!


まずは材料をご紹介。

「わくわく親子ちらし寿司」
2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】
【材料】(4人分)
<酢飯(炊き込みごはん)>
・米…3合
・A
塩……小さじ1
昆布だしの素……小さじ1
水……2と1/2カップ
・人参(3mmにいちょう切り)……1/2本(90g)
・れんこん(3mmにいちょう切り、水につける)……1/2節(100g)
・油揚げ……2枚
・B
酢……80g
砂糖……大さじ4
塩……小さじ1/2
白ごま……小さじ1
<錦糸卵>
・卵……4個
・サラダ油…小さじ1/2
・C
砂糖……大さじ2
塩……小さじ1/4
<盛り付け>
・絹さや……6個
・れんこん(2mm幅に輪切り、水につける)……6枚
・いくら、スモークサーモン……お好みの量
・海苔……1/2枚 ※お好みで

2歳から作れる「簡単ちらし寿司」のレシピ (親子の分担リスト付き)【子どもに料理を教えたい!  Vol.2】

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.