2020年2月18日 16:00|ウーマンエキサイト

「ママだから」に縛られていた。彼の一言に女としての自分を思い出す…【わたしの糸をたぐりよせて 第8話】

宇野未悠
ライター
宇野未悠
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
わたしの糸をたぐりよせて

わたしの糸をたぐりよせて

「いつか自分のブランドを出したい」。そんな想いを抱いていた学生時代。でも希望の就職先にはことごとくふられ、入社できた会社で出会った亮。結婚して、子どもが生まれて、私は幸せになれると思ったのに…。私の…

「ママだから」に縛られていた。彼の一言に女としての自分を思い出す…【わたしの糸をたぐりよせて 第8話】
前回からのあらすじ
幼稚園のママ友の逆鱗に触れ、怒りとともにどうしていいかわからなくなる友里。さらに夫の不穏な行動で不安になる。そんなとき同級生だったイナガキの誘いで出かけたのだが…。
「ママ友の逆鱗、夫の不穏な行動…心折れた私が頼ったのは」

●登場人物●
友里:都会で就職し結婚したが、夫・亮の転勤で地元の街に戻ってくる
:友里の夫。友里から告白してつきあうように。息子の悠斗を妊娠して以来、夜の生活がない
イナガキ:友里の幼なじみ。小学校~高校まで一緒だった。現在は人気デザイナー。
上田:悠斗と同じ幼稚園に通うママで、うさぎ組のクラス委員長
カオル:悠斗と同じ幼稚園に通うママ友で、友里を配下に置こうと考えてる

※このお話はフィクションです



■意外なダメ出し。私は変わった…?

レストランに着いた私は、店の外観にたじろいでしまった。
子どもがいては到底利用できないラグジュアリー感。それは雰囲気的な問題もあるけれど、頭を掠めるのはやっぱりお金のこと。

(これ、ランチだけで2000円超えてくるよね……)

夫に食べさせてもらっている立場で、こんなところに行けるはずもなく思わず後ずさりしてしまう。

「どうしたの? 入ろうよ」

「うん……でも……」

「いいからっ!」

イナガキ君は私の後ろに回ると、背中をぐいっと押して無理やり店に入らせようとする。

「わかったわかった、入る。入るからやめて」

席に案内されると、イナガキ君はいきなり笑い出した。

「だってさ~、友里ちゃんおかしかったんだもん。覚えてる? 高校3年のときの文化祭で隣のクラスがお化け屋敷やってて、怖がって入ろうとしなくて背中押したの」

「うん、なんとなく」

「あのときとなんか一緒の顔してたんだよなあ。もしかして、値段とか気にしてた?」

図星を突かれて私は押し黙ってしまう。

「大丈夫だよ。ここはランチだけはお得なんだ。ディナーに使うとそれなりにとられちゃうけど、メニュー見てみて。ランチセットはみんな千円札でおつり来ちゃうから」
「ママだから」に縛られていた。彼の一言に女としての自分を思い出す…【わたしの糸をたぐりよせて 第8話】
イナガキ君のそのセリフに店員さんが苦笑いした。

「さ、好きなもの頼んでよ」

そう言われてメニューを見ても、私は何も選べなかった。

結局、イナガキ君がハンバーグステーキセットを頼んだので同じものを頼むことにした。



「で、どうしたの? さっきすごく浮かない顔してたよ」

私はことの顛末を話した。すると――。

「友里ちゃんってさ、いつからそんなに人の顔色窺うようになっちゃったの? 高校のときは、そんなんじゃなかった気がするよ」

イナガキ君に私のよくない変化を指摘されて、口をつぐんだ。

「あのさ、文化祭でコスプレ衣装作ったじゃない。そのときにどうしてもセルリアンブルーの布地が欲しいって電車で1時間半もかけて県庁近くの手芸用品店行ったじゃない。んで、めちゃくちゃかっこいいもの作るんだってクラスのみんな巻き込んでさ。すっごく大変だったんだけど、あのときの友里ちゃんはかわいかった」

「えっ……」

かわいかったとはっきり言われ、あっという間に耳まで真っ赤になる。

「もう、褒められなれないコはすぐそうなっちゃうんだから。いくらでも言ってあげるよ。キミはかわいいって」

その後もハンバーグをひとくち口に運ぶたびにかわいいとかステキとか連呼され、食べ終わるころには身体中が熱くてかなわなかった。

「あー、おもしろかった。やっぱり友里ちゃんはからかいがいがあるなぁ」

「もう、そういうところ小学生のときから変わってない」

「でも……話戻しちゃうけど、顔色うかがうようになっちゃったのいつからなの? ママになってから? それより前あたり?」

そう尋ねられて私は言葉に詰まってしまう。

「まあいいや。そろそろ出ないと、幼稚園のお迎え間に合わないんじゃないの?」

言われて時計を見ると、2時半近くになっていた。

今日は延長保育を頼んであるから大丈夫と告げると、イナガキ君はじゃあ行きたいところがあるからと店を出て歩き出した。

■人の顔色ばかりうかがうようになったのはナゼ?

歩き始めてすぐに、高校近くの並木道ということに気がついた。

「懐かしいよね……」

私はそう水を向けるも、イナガキ君はさっきまでの様子とは打って変わって神妙な顔つきになっていく。互いに無言のままどれくらい歩いただろうか。

そして、イナガキくんが不意に立ち止まるとこう切り出してきた。

「あのさ、友里ちゃん。今日僕は友里ちゃんに伝えたいことがあって呼び出したんだけど、今のキミにとても話すことはできないって思った」

「え……?」

「キミは、いつの間にか顔色をうかがうことを覚えて正当なことと理不尽なことの区別がつかなくなってる。僕はまだしばらくホテルにいるから、できればこっちにいる間に……」
「ママだから」に縛られていた。彼の一言に女としての自分を思い出す…【わたしの糸をたぐりよせて 第8話】
そこまで言って、イナガキ君は口ごもり、少し俯いた。すぐに顔を上げると、さっきまでの明るい表情に戻っていた。

「今日は僕が時間切れ。ホテルに戻ったらさっきの香水渡すから」

ホテルに戻ると、イナガキくんは香水を取りに部屋に向かった。

(正当なことと理不尽なことの区別……か)

そんなこと考えたこともなかったなと思っているところに、イナガキ君が戻ってきた。

「さっきはちょっとひどいこと言っちゃったけど、できればまた近いうちに会ってほしい。そのときは、この香水の感想を聞かせてね」

わかったとうなずいて、私はホテルを後にした。
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
確認中
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
宇野未悠
宇野未悠をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
宇野未悠
宇野未悠の更新通知が届きます!
フォロー中
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.