くらし情報『愛着たっぷりなニットと過ごす冬【EDITOR'S PICK】』

2019年10月15日 12:00

愛着たっぷりなニットと過ごす冬【EDITOR'S PICK】

愛着たっぷりなニットと過ごす冬【EDITOR'S PICK】

冬の気配を感じたなら、ニットを買いに行こう。

常識的な形はもう飽きた、ノーマルなデザインではもう物足りない。そんな人たちにおくる、愛着の湧くニットたち。自由なマインドでニットと一緒の冬を謳歌しよう。

愛でる、ニット
愛着たっぷりなニットと過ごす冬【EDITOR'S PICK】

この冬の愛でたいニット、ナンバーワン。といえば、イザベル・マランのフィッシャーマンニット。かつてのジーン・セバーグが愛用していたケーブルニットを思い出させるボリュームもかわいいし、意外性あるスクエアフォルム、長め袖と短め着丈の関係、ちょっとだけハイネック、どれも女性を引き立たせる要素につき、もう相棒にするしかない。
ケーブル網ニット 12万6,000円(イザベル マラン TEL:03–5772–0412)

愛着たっぷりなニットと過ごす冬【EDITOR'S PICK】

ふわっふわにブラッシングした柔らかな毛並みのモヘアセーター。ゆるい着心地でカート・コバーンさえ思わせるグランジ感を、儚いモヘアニットでラグジュリアスに仕立てる、ハイ×ローミックスにより目覚めたロマンティックなニットの魅力。
ボーダーニット 11万4,000円(マーク ジェイコブス/マーク ジェイコブス カスタマーセンター TEL:03–4335–1711)

愛着たっぷりなニットと過ごす冬【EDITOR'S PICK】

ノスタルジックなノルディックニットも、sacaiをチョイスすることで脱・常識に。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.