くらし情報『名古屋城エリアの商業施設「金シャチ横丁」味噌煮込うどんなど“なごやめし”の飲食店集結』

名古屋城エリアの商業施設「金シャチ横丁」味噌煮込うどんなど“なごやめし”の飲食店集結

2018年3月10日 12:25
 

関連リンク

・田中道子“カフェラテ好きすぎ”な食生活を改善「49kgまで太りました」
・アレク、妻・川崎希の撮影した写真を公開し「なんでもすぐ出来ちゃうんだよね」「本当にむかつくけど尊敬」
・がん予防に効くのはコーヒー? 菓子パン? バイアグラ!? 目からウロコの健康常識
名古屋城エリアの商業施設「金シャチ横丁」味噌煮込うどんなど“なごやめし”の飲食店集結

商業施設「金シャチ横丁」が、2018年3月29日(木)にオープンする。場所は愛知・名古屋城周辺。

“なごやめし”を展開する飲食店が集結
「金シャチ横丁」は、名古屋の武家文化のシンボルである名古屋城周辺エリアの魅力や、尾張徳川の歴史や文化を発信する商業施設。飲食店をメインに展開し、「なごやめし」といわれる名古屋名物のフードを提供するレストランや、地元の老舗飲食店、新進の飲食店など、幅広いラインナップの店舗が揃う。また、「金シャチ横丁」グッズや名古屋の伝統工芸品を販売する物販店も出店する。正門エリアの「義直ゾーン」と、東門エリアの「宗春ゾーン」2か所に分かれて営業する。

伝統・正統の「義直ゾーン」
正門エリアには、伝統・正統の「義直ゾーン」を展開。文化や伝統を重んじ、名古屋城築城当時に使用された材と同じ木曽の木を使用した純木造建築の建物が登場する。

味噌煮込うどんやきしめんの「山本屋総本家」、名古屋コーチン親子丼や手羽先唐揚げの「鳥開総本家」、ひつまぶしの「ひつまぶし名古屋備長」、みそかつの「みそかつ矢場とん」といった、名古屋ならではのグルメが勢揃い。「金シャチ横丁」オリジナルメニューも展開する。

新風・変化の「宗春ゾーン」
一方、東門エリアの「宗春ゾーン」のテーマは“新風・変化”。次世代の名古屋文化を象徴するような、和風モダンのオープンな建物で営業する。出店は、イタリアングリル「城町グリル(SHIROMACHI GRILL)」、名古屋発のあんかけスパゲティを提供する「あんかけ太郎」、ラーメン店「フジヤマ55」、肉料理とポップオーバー、スイーツのダイナー「cafe diner POP OVER」など新興の飲食店7店。夜間22:30まで営業する。

詳細
金シャチ横丁
オープン日:2018年3月29日(木)
場所:名古屋城周辺
住所:
・正門エリア「義直ゾーン」愛知県名古屋市中区三の丸1-2-3~5
・東門エリア「宗春ゾーン」愛知県名古屋市中区二の丸1-1-2・3
出店:
・義直ゾーン
十代目儀助(日本酒バー)、山本屋総本家金シャチ横丁店(うどん店)、鳥開総本家(名古屋コーチン店)、ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店(鰻店)、みそかつ矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店(とんかつ店)、名古屋とうふ 河口(豆腐店)、尾張屋(魚の粕漬店)、那古野茶屋(和カフェ)、えびせんべいの里 金シャチ横丁店(えびせんべい店)、尾張那古野天丼徳川忠兵衛(天ぷら店)、スギモト牛鍋店(牛鍋店)、なごみゃ(物販・おみやげ物)
・宗春ゾーン
SHIROMACHI GRILL(イタリアングリル)あんかけ太郎(あんかけスパ)ポークレストラン岳家(ポークレストラン)、フジヤマ55 金シャチ横丁店(ラーメン店)、vegetable cafe & seafood bar saien(サラダカフェ)、創作串揚げ つだ(創作串揚げ店)、cafe diner POP OVER(ビーフダイニング)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.