くらし情報『待っていてよかったね 10年間保護施設で暮らした犬 ついに家族ができる』

2021年10月27日 10:32

待っていてよかったね 10年間保護施設で暮らした犬 ついに家族ができる

bompracachorroadestramento

「ペットの一生は飼い主によって決まる」といっても過言ではないでしょう。

オス犬のトーフは、飼い主に虐待されていたところを、親切な人に助けられました。

海外メディア『Bored Panda』によると、トーフは動物保護施設に預けられましたが、なかなか里親が決まらなかったのだそう。

そして気が付けば10年が経ち、トーフは14歳の高齢になっていました。

その間にトーフは、がんになって片脚を切断し、加齢によって視力も失いました。

10年間里親を待ち続けた犬に、ついに家族が!

施設のスタッフたちは、「きっとトーフはこのままここで一生を終えるのだろう」と思っていたといいます。

ところが2021年春、1人の女性によってトーフの運命は変わります。

愛犬家のダニラさんがトーフのことを知り、「この犬を家族に迎えよう」と決めたのです。

ダニラさんは「高齢で、障がいがある犬の里親になるのが夢だった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.