くらし情報『【恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜 第4話】失敗続きのアルバイトの果てに、生まれた一体感・ネタバレあり』

2021年11月2日 14:12

【恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜 第4話】失敗続きのアルバイトの果てに、生まれた一体感・ネタバレあり

目次

・障がい者が健常者の中で働くということ
・ユキコが生んだ一体感
・イズミと獅子王が…?
※写真はイメージ

ブログ『現実逃避は前向きに。』で注目ドラマの感想をつづる、malcoさんによる新連載。2021年秋ドラマの見どころを紹介していきます。

姉妹喧嘩の末、イズミ(奈緒)から認めてもらえたユキコ(杉咲花)と森生(杉野遥亮)。ユキコとイズミの関係は、以前よりも仲睦まじく感じられました。良い姉妹ですね。

2021年10月27日に放送された第4話では、働き始めた森生と対等でいたいと思ったユキコが、アルバイトを始めます。

森生に甘えないために「アルバイトで認められるまでは会わない」と宣言し、やる気満々のユキコ。しかし、いざ仕事を始めると失敗を連発してしまいます。

ユキコのアルバイトを通して、障がい者が健常者の中で働くのがいかに大変かを、痛感させられるストーリーとなりました。

障がい者が健常者の中で働くということ

最初に行ったスーパーマーケットの面接で「メリットがなければ雇えない」と断られたユキコ。

忙しい業務の中で、健常者と同じ働き方ができない障がい者にとって、雇うメリットを問われてしまうのは過酷です。

森生にとっては、ユキコと働けること自体がメリットになるようで、職場のスタッフがみんな森生だったらいいのにと思えてしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.