くらし情報『「何が家事なのか、認識がずれている」 近藤春菜の『持論』に称賛の声』

2020年9月24日 13:26

「何が家事なのか、認識がずれている」 近藤春菜の『持論』に称賛の声

目次

・妻の家事に従事する時間は、夫の約7倍!
・夫に、根気よく家事を教えなければならない
「何が家事なのか、認識がずれている」 近藤春菜の『持論』に称賛の声

2020年9月24日放送の、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、最新家電を導入したり、スーパーのお弁当やお惣菜を利用したりと『主婦業の9割削減』を目指している女性について特集。

スタジオでは、夫婦の家事負担の差について議論が展開されました。

妻の家事に従事する時間は、夫の約7倍!

同番組は、『国立社会保障・人口問題研究所』が2018年に行った『全国家庭動向調査』を紹介。

平日の平均家事時間は妻が263分に対し、夫は37分。平日の平均育児時間は妻が532分に対し、夫は86分だったといいます。

これらのデータから、「妻の負担は夫の約7倍であり、男性の育児参加は増加しているものの、家事は妻に任せる人が多いことが浮き彫りになった」と報じました。

夫に、根気よく家事を教えなければならない

夫の家事について、コメンテーターとして出演している、日本テレビ報道局・社会部解説委員の下川美奈さんは…。

私もかつて結婚していた時代、共働きだったのでいろいろ分業を最初は決めてたんですけど。

結局夫のほうが慣れていないと、時間がかかっちゃって、余計に後から直さないといけないっていう。

結局「いいよ、私がやるよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.