くらし情報『『待機児童』について古市憲寿が持論 「好感度めっちゃ上がった」「ハッとした」の声』

『待機児童』について古市憲寿が持論 「好感度めっちゃ上がった」「ハッとした」の声

それが多分、子供たちの発育にもいい影響を及ぼしている。

アナザースカイⅡーより引用

古市さんが訪問した当時オスロ大学内の保育園には76人の子供が預けられており、8人の先生と12人のアシスタントが働いていました。

厚生労働省によると、日本では、保育現場における保育者の人数は、以下のように定められています。

【保育園】

1~2歳児6人につき1人以上

3歳児20人につき1人以上

4~5歳児30人につき1人以上

【幼稚園】

児童35人につき1人以上

古市さんは、オスロ大学内の保育園の保育者が多いことに驚いたといいます。

また、その園では、子供の主体性に任せて遊ばせている光景を目の当たりにした古市さん。

「日本と違い、保育者の数が多いからできること」と、ノルウェーの保育園の体制に感心していました。

日本だと、おままごととかお遊戯とか、「みんなでこれしましょう」っていうことが多いと思うんですけど。(ノルウェーの保育園では)子供の主体性に任せているなと思います。


多分、先生の数が多いからできると思うんですけどね。

ノルウェーって、そんなに詰め込み教育じゃないんですけど、大学ランキングが高いのは、子供の頃に主体性を、子供に持たせてあげている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.