くらし情報『『3年A組』で生徒役好演の福原遥が涙した菅田将暉の言葉』

2019年3月19日 15:01

『3年A組』で生徒役好演の福原遥が涙した菅田将暉の言葉

『3年A組』で生徒役好演の福原遥が涙した菅田将暉の言葉


菅田将暉(26)主演のドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の最終話が3月10日に放送され、菅田演じる柊一颯の“最後の授業”が完結。毎回、菅田と29人の生徒キャストの熱演が視聴者の感動を呼んだ本作。そんななか、元水泳部員の水越涼音を好演したのが福原遥(20)。最終話を番組最高視聴率で終えた、この冬イチの話題作の裏側を語ってくれた。

「街を歩いていて声をかけられることが増えました。小学生に『3Aだ!』って指を差されたときはビックリしましたけど、世代を問わずたくさんの人が見てくださってるんだなあと、うれしかったです。あるとき『学校から抜け出してきたんですか?』と聞かれたことがあって。その人はドラマのストーリーを知っていてジョークを言ってくださったんだと思うんですけど、それにまったく気付かない私は『大学生じゃないんです』って間抜けな答えをしてしまったことがありました。あとで気づいたとき、恥ずかしかった!(笑)」

福原が演じた涼音は少し気の強いところはあるが、クラスメートでもある彼氏に真っ直ぐな愛を注ぐ女の子。

「ドラマの予告映像で、涼音は“敵に回すと厄介者、恋多き女”という表現で紹介されていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.