くらし情報『小原正子43歳妊娠で待つ高齢育児問題 育児と介護のダブルケア』

2019年4月10日 11:00

小原正子43歳妊娠で待つ高齢育児問題 育児と介護のダブルケア

小原正子43歳妊娠で待つ高齢育児問題 育児と介護のダブルケア


「妊娠したどころか、3人目を欲しがっていたことも初めて知りました。安定期に入るまではと思って、誰にも言っていなかったみたいです。でも本人たちも喜んでいますし、私も嬉しい思いでいっぱいですよ」と語るのは、お笑いコンビ「クワバタオハラ小原正子(43)の母・弘子さん。4月1日、小原がブログで第3子妊娠を明らかにしたのだ。すでに安定期に入っており、性別は女の子だという。

小原は14年5月に元メジャーリーガーのマック鈴木(43)と結婚。15年3月と16年11月に長男(4)と次男(2)をそれぞれ出産していた。次男を出産した当時ですでに41歳だったが、今回は43歳での妊娠だ。さらに、弘子さんは驚きの事実を明かしてくれた。

「不妊治療などではなく、自然な形での妊娠だったみたいです」

なんと自然妊娠!だが近年、小原のように高齢で妊娠する女性は少なくない。プロゴルファーの東尾理子(43)も昨年4月、第3子(1)を42歳で出産していた。そんな“高齢ママ”が増えるなか、実は別の問題も急増しているという。それは、高齢育児だ。一般社団法人ダブルケアサポート理事・植木美子さんが語る。

「出産年齢が上がってきたことで、育児と親の介護などのタイミングが重なるようになってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.