くらし情報『あおい輝彦&A.B.C.-Zが語る“ジャニーさん命名のこだわり”』

2019年10月17日 06:00

あおい輝彦&A.B.C.-Zが語る“ジャニーさん命名のこだわり”

あおい輝彦&A.B.C.-Zが語る“ジャニーさん命名のこだわり”


ジャニー喜多川さん(享年・87)の急逝から3カ月。今年も10月7日から29日まで『ジャニーズ伝説』が東京・日生劇場にて開催される。座長を務めるA.B.C-Z戸塚祥太(32)、橋本良亮(26)、河合郁人(31)、五関晃一(34)、塚田僚一(32)と、初代ジャニーズあおい輝彦(71)に、ジャニーさんとの思い出を語り尽くしてもらったーー。

あおい「ジャニーさんと最後にお会いしたのは、ちょうど『ジャニーズ伝説2018』の製作発表のとき。いろいろ話をしたんだけど、ジャニーさんの記憶力はすごい。僕が忘れているようなことでも、すごく細かく覚えていて。ジャニーさんに会うと、一瞬で野球少年だったころに戻っちゃう。僕にとっては、あのころからずっと変わらない、優しい兄貴を亡くしたような感覚なんだよ」

戸塚「僕らにとっては“お父さん”みたいな存在だったけど、あおいさんにとっては“兄貴”なんですね」

あおい「よく『“さん付け”しないで、ジャニーって呼んで』って言われてたけど、さすがに呼び捨てにはできなかった。今思うと、1回呼んでみたかったけどね。ジャニー!(笑)」

■命名センスが独特すぎる!

河合「これまであおいさんに伺ったお話のなかで、ジャニーズって名前を付けたのが、実はジャニーさん本人じゃないというのが、とくに印象に残っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.