くらし情報『安田顕が「グッときた」と語る両親からもらった言葉』

2020年2月15日 11:00

安田顕が「グッときた」と語る両親からもらった言葉

地元・北海道で圧倒的な知名度と人気を確立する。

32歳のとき、NHKの時代劇『次郎長背負い富士』や、大河ドラマ『功名が辻』(ともに’06年)に出演。’08年には、『瞳』で朝ドラに初出演をはたした。

「朝ドラに呼んでいただけたのはうれしかったな。放送当時、携帯電話呼び出し音を着メロにするのがはやっていて、僕は『瞳』のテーマ曲にしていました。それから携帯は何台も替わったけど、ずっと着メロは『瞳』のままで。スマホになってからは目覚ましの曲として使っています」

40代に突入すると、ゲイを演じたドラマ『問題のあるレストラン』から、映画『龍三と七人の子分たち』(ともに’15年)のやくざなど、演じる役が一段と広がりを見せる。

「タイトルを言って、すぐにわかってもらえる作品が増えたなという印象です。僕の両親は、自分がどんな役だろうとドラマは必ず見てくれるし、映画館にも足を運んでくれる。北野武さん(73)の『龍三と七人の子分たち』のときはこんな話をしてくれました。“お前の映画はかなりの数を見に行っているけど、今まであんなに人が入っている映画はなかったな。ビックリした!”と言って、“客がいなくて、俺たち貸し切りだったときもあったんだぞ”と。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.