くらし情報『石田純一 病室で綴った長男への遺言「お金だけが人生じゃない」』

2020年5月19日 00:00

石田純一 病室で綴った長男への遺言「お金だけが人生じゃない」

入院中には父子でテレビ電話をしていたという。

入院中には父子でテレビ電話をしていたという。



「今はまだ、経過観察という段階です。肺の炎症はすっかり治りましたが、2~3%の確率で退院後に再び陽性反応が出るケースもあるそうなので。4週間は様子を見ないといけないみたいです。予断を許さない状況ですね」

本誌インタビューに電話口でそう語るのは石田純一(66)だ。

沖縄県滞在中に体調が悪化し、4月14日には都内の病院で新型コロナウイルス感染症に罹患していると診断された石田。そのまま緊急入院したが、5月12日にようやく退院を果たした。現在は、自宅の一室で隔離生活を送っているという。

退院直後、石田は今回の件についてブログを更新した。

《この度私石田純一が新型コロナウィルスによる肺炎に罹患したことで多くの方々にご迷惑をおかけし、不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します。大変申し訳ありませんでした。

私は5月12日(火)に退院することが出来ました。適切な治療と温かい看護のお陰です。本当に、本当にありがとうございました》

実際、1カ月に及ぶ入院生活は“壮絶な状況”にあったという。

石田が続ける。

「院内感染を防ぐための対策が徹底していて、お医者さんとの接触はなし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.