くらし情報『林家木久扇がYouTuberに 挑戦の原動力は戦争体験を経ての“無常観”』

2020年8月14日 11:00

林家木久扇がYouTuberに 挑戦の原動力は戦争体験を経ての“無常観”

林家木久扇がYouTuberに 挑戦の原動力は戦争体験を経ての“無常観”


この日、東京・浅草の寄席は感染症対策の一環で客席の定員を通常の半数に制限。どことなくもの寂しい雰囲気だ。ところが出囃子にのって主任の落語家が登場すると、空気は一変。瞬く間に、寄席全体が爆笑に包まれる。

「コロナでね、いま『笑点』はリモート大喜利という形でやってまして。あれ、手の挙げ方も難しいんですよ。縦長の画面ですからね、ハイハイって普通に挙げても手が切れて映らないんです。それから皆、自宅でやってますから、メンバーそれぞれ背景が違いますよね。たとえば、(三遊亭)小遊三さんはおしっこが近いんでね、トイレ近くの壁前に座ってるんですよ」

先月21日から10日間、「浅草演芸ホール」で行われていたのは「林家木久扇 芸能生活60周年記念公演」。そう、世界一の長寿演芸番組『笑点』の人気者「木久ちゃん」こと、林家木久扇さん(82)は今年、落語家人生60年の節目を迎えたのだ。

この浅草が、久しぶりの高座。その間、『笑点』のリモート出演以外の時間は、のんびりと過ごしていたのかと思ったら、そんなこともないようだ。

「コロナで寄席が休みになってる間に僕、本を3冊書いたんですよ。それと僕ね、半年前から『KIKUKIN』って名前でYouTuberもやってるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.