くらし情報『支援物資は栄養が偏りがち…備えておきたい基本の非常食』

2020年9月4日 15:50

支援物資は栄養が偏りがち…備えておきたい基本の非常食

パウチのサラダチキン、魚や肉の缶詰もよく買っています」

野菜の摂取が難しくなる災害時はビタミンや食物繊維の不足から便秘、肌荒れ、口内炎が起こりやすくなる。

「ビタミンは、玉ねぎやかぼちゃ、芋類などの常温保存できる野菜や、ほうれん草、アスパラガスなどを冷凍保存したもの、野菜ジュースで摂取したいと思っています。さらに最近、スーパーでよく見るようになった『パウチ野菜』は、ごぼうやじゃがいもなど種類も多く、使い切りサイズなどでふだんから消費しやすくておすすめ。食物繊維は、切り干し大根や干し芋などの乾燥野菜で、生で食べるより栄養価も高そうです」

現代人はミネラル不足といわれているが、避難生活の偏った食事ではさらに足りなくなる懸念が。トコさんはミネラル摂取のために、ドライフルーツや海藻、海苔をふだんから購入している。

「災害時にはメンタルを安定させてくれる“心の栄養”になるものも必要です。私の周りには、大好きなコーヒーの香りを嗅ぐだけで、落ち着けるという人も多い。私もコーヒーとチョコの組み合わせが好きで日ごろからストックを欠かさないようにしています。うちの子はカップスープが好きで毎朝飲んでいますが、これも非常時の“心の栄養”として多めに買っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.