くらし情報『毎晩洗面器1杯分の野菜を食べる…村上春樹の知られざる素顔5』

2017年2月24日 12:00

毎晩洗面器1杯分の野菜を食べる…村上春樹の知られざる素顔5

image


2月24日、村上春樹(68)の新作『騎士団長殺し』(新潮社)がついに発売となる。「第1部 顕れるイデア編」と「第2部 遷ろうメタファー編」の2冊からなる長編小説だ。村上氏の長編小説は、前作の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』以来、4年ぶり。すでに初版部数は計100万部と発表されており、ミリオンセラーは確実だ。

今や世界に名だたる作家となった村上氏だが、ほとんどメディアに登場せず、最近、読者になった人には、その素顔は意外と知られていないのでは。そこで、『1冊でわかる村上春樹』など、村上作品の解説書を執筆する「村上春樹を読み解く会」代表・齋藤隆一さんとともに、ベールに包まれた村上氏の素顔を読み解いてみた。

【1】学生結婚をしている

村上氏は、’49年に京都市に生まれ、兵庫県で育つ。その後、早稲田大学第一文学部在学中の22歳のとき、同級生の陽子夫人と学生結婚。

「村上氏本人は否定していますが、『ノルウェイの森』に登場する緑という女性は、陽子夫人がモデルといわれています。当時の陽子夫人を知る早稲田大学の卒業生から、陽子夫人の容姿は、作中で描かれる緑の描写とそっくりだと聞きました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.