くらし情報『中村獅童「結婚2年で2度の手術」に妻が向かった意外な場所』

2017年5月24日 06:00

中村獅童「結婚2年で2度の手術」に妻が向かった意外な場所

image


5月18日に初期の肺腺がんであることを発表した中村獅童(44)。20日には都内で会見を開き、あらためてがんと闘っていく決意を語った。治療に専念するため、出演予定だった6月の博多座や7月の歌舞伎座公演を休演する予定という獅童。「今月末に入院して来月頭に手術。10日ぐらいに退院できるのではないかと思う。できるだけ早く復帰したい」と復帰への意気込みを告白。そして、こう続けた。

「妻は『早い時期に見つかってよかった。一緒に闘っていく』と。今回も(早期発見できたのは)妻の助言があったから。1人だったら、気づかないままだった」

そこには、妻・沙織さん(33)への深い感謝が込められていた――。

近年の獅童は、苦難の連続だった。08年10月には父・小川三喜雄さん(享年79)が胃がんのため死去。12年12月には恩人の中村勘三郎さん(享年57)が食道がんに倒れ亡くなった。そして13年12月には、母・陽子さん(享年73)が心不全のためこの世を去った。

そんな獅童をそばで支え続けてきたのが、妻・沙織さんだった。10年に出会い、11年1月に婚約した2人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.