くらし情報『野際陽子さん四十九日で長女語った「最期の病室と涙のハグ」』

2017年8月11日 11:00

野際陽子さん四十九日で長女語った「最期の病室と涙のハグ」

image


「早いもので、母が他界してからもう四十九日を迎えました……。先日には、親族や親しかったスタッフの方々だけでささやかな法要を執り行いました」

肺腺がんのため6月13日に天国へと旅立った野際陽子さん(享年81)。あれから四十九日、長女で女優の真瀬樹里(42)は胸に詰まった言葉を絞り出すようにそう語った。

野際さんに肺腺がんが発覚したのは、昼ドラ『花嫁のれん』(フジテレビ系)に出演していた14年。だが撮影が過酷だったにもかかわらず、彼女はほとんど仕事を休まなかった。幸い早期発見だったため、手術は成功。しかし翌15年4月、がんが再発。腫瘍の摘出手術を受けた。その後再々発するも、抗がん剤治療が功を奏したことで復帰を果たしている。

「母が仕事を休んだのは、2回とも手術前後1週間ほど。最初も2度目も、驚くほど回復が早かったんです。最初の手術は14年12月だったのですが、母は『先生、正月からスキーに行ってもいいですか?』と言いだして。それで本当に、行っちゃったんです。2度目の手術後の16年正月も、スキー旅行に行っていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.