くらし情報『日本語しか話せなくても大丈夫!知っておきたい北朝鮮旅行の心得』

日本語しか話せなくても大丈夫!知っておきたい北朝鮮旅行の心得

2018年6月7日 11:00
 

image


(写真:アフロ)

朝鮮半島の平和を予感させる4月27日の南北会談以降、大きな注目を集める北朝鮮。しかし、これまでの報道は政治的な話題一色で、一般市民の生活は謎が多い。

そこで、関心が高い「観光名所」に焦点をしぼり、本誌が徹底解剖!

観光名所について教えてくれるのは、北朝鮮の観光事情に詳しい、日本在住のポーランド人、エミル・トルシュコフスキさん。

■“インスタ映え観光地”白頭山は絶景を独り占め!

中国との国境にそびえる標高2,744メートルの火山「白頭山」。山頂にはエメラルドグリーンの水をたたえるカルデラ湖があり、まさに絶景!

「観光客が少なくガラガラなので、写真スポットを選び放題です」(エミルさん・以下同)

■観光ガイドには“お土産持参”が暗黙のルール!

北朝鮮ツアー初日に観光ガイドにお土産を渡すと、その後のコミュニケーションがスムーズになるという。

「海外の人気商品は喜ばれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.