くらし情報『これぞ永遠のラブロマンス! ミュージカル『ローマの休日』より土屋太鳳 & 加藤和樹 出演公演をレポート』

2020年10月5日 15:00

これぞ永遠のラブロマンス! ミュージカル『ローマの休日』より土屋太鳳 & 加藤和樹 出演公演をレポート

ミュージカル『ローマの休日』より


オードリー・ヘプバーン主演の不朽の名作映画(1953)が、世界で初めてここ日本でミュージカル化された『ローマの休日』が、10月4日(日)より20年ぶりに再演されている。初演(1998年、2000年)では大地真央と山口祐一郎が演じたアン王女と新聞記者ジョー・ブラッドレーに、朝夏まなと&土屋太鳳、加藤和樹&平方元基(各ダブルキャスト)が扮する新装版。初日に先駆け3日に行われた舞台稽古のうち、土屋×加藤の回を取材した。

これぞ永遠のラブロマンス! ミュージカル『ローマの休日』より土屋太鳳 & 加藤和樹 出演公演をレポート

ミュージカル『ローマの休日』より
アン王女は、ヨーロッパ諸国を歴訪中に立ち寄ったローマで、公務に疲れてこっそり街に繰り出してしまう役どころ。土屋はミュージカル初挑戦ながら、一学生の振りをしていても滲み出てしまう高貴さと、年頃の女性らしいやんちゃさとを併せ持った、愛すべきヒロイン像を見事に作り上げた。そのアン王女のプライベートをスクープしようとローマ観光をエスコートするものの、次第に目的を忘れて彼女に惹かれていくジョー役の加藤もまた、男気や色気と繊細な優しさとが交互に顔を出すような持ち味が役にぴったりだ。

これぞ永遠のラブロマンス! ミュージカル『ローマの休日』より土屋太鳳 & 加藤和樹 出演公演をレポート

ミュージカル『ローマの休日』より
そんなふたりが描き出したのは、チラシなどにもある通り、まさに永遠のラブ・ロマンス! “とある国の王女”が主人公というファンタジックな設定でありながら、決しておとぎ話のように夢々しくは終わらない、原作映画が持つストーリーの普遍的な魅力に改めて開眼させられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.