くらし情報『瀬戸康史、初めての育休に翻弄される新米パパ役に。「33歳になり父親役も似合うようになりました」』

2021年7月8日 07:00

瀬戸康史、初めての育休に翻弄される新米パパ役に。「33歳になり父親役も似合うようになりました」

瀬戸康史 撮影:源賀津己

撮影:源賀津己



現役コピーライターの魚返洋平が自身の育児休業体験を綴ったエッセイを原作に、育休を取った男のリアルな日常を描くWOWOWオリジナルドラマ『男コピーライター、育休をとる。』。日本における男性の育児休業取得がまだまだ一般的ではない中、一念発起して育休取得に踏み出す新米パパ・魚返役で瀬戸康史がWOWOWの連続ドラマに初主演。俳優として30代を軽やかに歩み、出演作ごとに新境地を見せている瀬戸が、育休生活のあれこれに悩みもがきながらも、かけがえのない幸せを見つけていく主人公について語る。

──まずは、台本を読んだときの率直な感想を聞かせてください。

瀬戸この作品で描かれる育休生活って、8割がつらいんです。台本を読んでいても、「こんなにもつらいんだ……」と思ってしまいました。けれど、夫婦で口喧嘩をしていた次の瞬間、自分たちの赤ちゃんが可愛い笑い声を出す姿を見て、つらさが一気に吹き飛ぶ。それもまた育休なのかもしれないと思いました。そういった光景にほっこりさせられるし、日常にたくさん転がっているであろう小さな幸せに気づかせてくれる作品だと思いました。

瀬戸康史、初めての育休に翻弄される新米パパ役に。「33歳になり父親役も似合うようになりました」


──撮影が育児レッスンの場にもなったのでしょうか?

瀬戸そうですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.