くらし情報『越後妻有「大地の芸術祭」の里で光を操るアートの数々に魅了!』

2017年3月19日 07:53

越後妻有「大地の芸術祭」の里で光を操るアートの数々に魅了!

不思議な光の世界に引き込まれそうな泊まれるアート「光の館」

越後妻有「大地の芸術祭」の里で光を操るアートの数々に魅了!

金沢21世紀美術館の「ブルー・プラネット・スカイ」など、光と空間を駆使した現代アートで知られるアーティスト、ジェームズ・タレルの作品「光の館」は、第1回「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(2000年)で生まれたもの。この実験的な作品は彼の作品世界を滞在生活の中で体験できる、世界にも例を見ないものであり、瞑想のためのゲストハウスとして構想されました。谷崎潤一郎の『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』から着想を得た、この作品は、伝統的な日本家屋における親密な光と、自らが制作してきた光の作品との融合を実現。和室の広間の可動式の天井の大きく開けられた四角い穴からは、遮るものひとつない青空を見ることができます。寝転がって、普段眺めることのない大きな空を見てみると、普段感じることのできない自然との一体感を得ることができます。

越後妻有「大地の芸術祭」の里で光を操るアートの数々に魅了!

地域の魅力を体感できる越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

越後妻有「大地の芸術祭」の里で光を操るアートの数々に魅了!

「大地の芸術祭」の里の拠点施設とも言える美術館。「キナーレ」は、地元の方言で「来なされ(おいで)」という意味だとか。季節ごとの企画展は、もちろん常設展示も、ただ見るだけでなく五感で感じることのできる作品も多くあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.