くらし情報『まだ間に合う! 越後妻有 大地の芸術祭の里2016 秋 オススメアート3選』

2016年10月29日 08:10

まだ間に合う! 越後妻有 大地の芸術祭の里2016 秋 オススメアート3選

アートを通じて、日本の原風景が残る越後妻有の大地を感じよう

新潟県の十日町市と津南町からなる、面積約760㎢の越後妻有(えちごつまり)地域で、2000年から3年ごとに開催されている世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。広大な土地に点々と作られたアートを鑑賞するときには、周りを見ざるをえない仕組みとなっており、地域に内包する様々な価値を、アートを媒介として発信するまちづくりの先駆けとも言えます。

物語の世界観を、ノスタルジックに再現Kiss & Goodbye/ジミー・リャオ

まだ間に合う! 越後妻有 大地の芸術祭の里2016 秋 オススメアート3選

JR飯山線を舞台とした絵本『幸せのきっぷ Kiss&Goodbye』の制作とその絵本の世界をアートで表現したプロジェクト。両親を亡くした少年と飼い犬が列車に乗って田舎のおじいさんを訪ねる物語です。作品内ではインスタレーションや、動画、音楽などで絵本のメッセージを伝えています。

棚田を望む高台で人生を考える 人生のアーチ/イリヤ&エミリア・カバコフ

まだ間に合う! 越後妻有 大地の芸術祭の里2016 秋 オススメアート3選

70年代初頭のモダンアートの一大ムーブメントであるモスクワ・コンセプチュアリズムの代表とも言える、イリヤ&エミリア・カバコフ夫妻の作品。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.