くらし情報『ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター』

2018年2月25日 12:03

ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター

小さすぎると洗いムラが出てしまいますし、大きすぎるとネットの中でニットが動いてしまい、毛玉や型崩れを起こしやすくなるので注意しましょう

■前準備

ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター


目立つ汚れがある場合は、おしゃれ着用洗剤を染み込ませたタオルや布などで、たたくように洗剤を塗っておきます。もし、取扱い絵表示に「漂白剤OK」のマークがある場合は、漂白剤を使用してもOKです。

ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター


ニットを平たくたたみ、ネットに入れます。この時、首元や袖など、汚れやすい部分を表に出しておくのがきれいに洗うコツです。これで事前準備は完了。さっそく洗濯機に入れましょう!

■洗濯

ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター


1.洗濯層に水とおしゃれ着用洗剤を入れ、洗濯液をつくります

【ポイント】熱いお湯を使用するとニットが縮んでしまう可能性もあるので、水か30度程度のぬるま湯を使用しましょう

ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター


2.洗濯機の手洗いコースなどを選び、洗いからすすぎまでを自動で行います

ニット、マフラー、手袋も!冬物トップス&小物の洗い方を徹底マスター


【ポイント】ニットは水に浮いてしまいやすいので、手で水の中に押し込んで、全体を濡らしてから洗濯機を回すのがおすすめです
3.すすぎが終わったら、きれいな水に柔軟剤を溶かし、ニットを浸け置き。このときも、水から浮かんでいるようであれば、手で水の中に押し込みましょう

4.30秒程度、軽く脱水します

■ニットが伸びない3つの干し方

ニットを自宅で洗濯する際に気をつけたいのが「干し方」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.