くらし情報『【LIMIA歳時記】11月は「霜月」。冬の到来です』

2018年11月27日 21:03

【LIMIA歳時記】11月は「霜月」。冬の到来です

11月は陰暦で「霜月」。文字通り、霜が降る月という意味であるとする説が有力です。もう霜?と驚かれるでしょうが、実は陰暦の霜月は新暦では11月下旬から1月上旬頃に当たるので、そう考えると納得ですね。「LIMIA歳時記」では、季語と、それにまつわるストーリーを月に1回ご紹介しています。

猫の目に見えた小春日和

【LIMIA歳時記】11月は「霜月」。冬の到来です


今回ご紹介する季語は「小春(こはる)」。

「小春」とは陰暦十月の別名です。陰暦十月は、今の暦でいうと十一月半ば過ぎから十二月初め。この頃は天気が安定して暖かい気候が続きますが、そんな穏やかな日和のことを「小春日和」というのはみなさんもきっとよくご存知ですね。

これから本格的な寒さに向かう中で、ほんの短い間訪れる暖かく穏やかな日々。そんなひとときを、まるで春のようだ、というのでこの名前がつけられたのでしょう。昔の人の洒落たセンスに感心してしまいます。

「小春」の言葉としての歴史は、十四世紀にさかのぼります。吉田兼好の書いた有名な随筆『徒然草』に「十月は小春の天気」という記述があり、その頃から使われ始めたのではないか、といわれています。

初冬の短い暖かさをあらわす言葉は、日本だけのものではありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.