くらし情報『子どものおもちゃでゴチャつく部屋、お金をかけずに改造しました♪』

2019年5月5日 14:03

子どものおもちゃでゴチャつく部屋、お金をかけずに改造しました♪

今の自分の部屋を変えるために、何か家具を買い足さなきゃいけないと思っていませんか?インテリアコーディネーターとして講師やテレビで活躍する荒井詩万さんが教えてくれるのは「今あるもので」部屋をあか抜けさせる方法。ここでは、著書『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』(サンクチュアリ出版)でまとめられているポイントを踏まえながら、荒井さんが実際に改造したお部屋を紹介します!

【改造前】子どものものが多く、ごちゃついて見えてしまう部屋が……

目次

・【改造前】子どものものが多く、ごちゃついて見えてしまう部屋が……
・【改造後】荒井さんのアドバイスで改造した部屋がこちら♪
・ポイント① 部屋の印象は対角線上に何を置くかで決まる
・ポイント② 同じものを3つ置く
・ポイント③ 不揃いでも1本ラインを決めると一瞬で整う
・部屋が「あか抜ける」法則を教えてもらおう♪
子どものおもちゃでゴチャつく部屋、お金をかけずに改造しました♪


子どものおもちゃでゴチャつく部屋、お金をかけずに改造しました♪


この写真はTさん宅。夫、妻、娘6歳、息子4歳の4人家族です。Tさんのお悩みは、まだ子どもが幼いためリビングにおもちゃがたくさんあってゴチャゴチャしてしまうこと。荒井さんの教えてくれるポイントを押さえれば、家具の配置を変えるだけで改善できるそうですよ!

【改造後】荒井さんのアドバイスで改造した部屋がこちら♪

子どものおもちゃでゴチャつく部屋、お金をかけずに改造しました♪

対角上に目線を遮る仕切りがあったのでそれを移動させて、対角線上には観葉植物を持ってきました。背の低い家具を奥にすると、錯覚で部屋が広く見える効果も!

ポイント① 部屋の印象は対角線上に何を置くかで決まる

部屋はドアを開けたとき、「まず何が見えるのか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.