くらし情報『身のまわりの新型コロナ感染者数や発熱者割合がわかる新機能「健康予報」を医療相談アプリ「リーバー」に追加』

2020年8月21日 11:03

身のまわりの新型コロナ感染者数や発熱者割合がわかる新機能「健康予報」を医療相談アプリ「リーバー」に追加

株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)は本日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「健康予報」機能を追加しました。ユーザーの居住地に合わせて、新型コロナウイルス感染者数や発熱者の発生状況などをグラフ化し、お子様からお年寄りまで、リーバーの幅広いユーザー層に病気の予防意識を高める情報を提供します。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、平常時からの健康管理が重要性を増しています。リーバーはこれまで、体調不良が顕在化してから使ってもらう医療相談アプリとして好評を博してきました。新たに追加された健康予報は、症状が現れるより前の段階に着目して開発された新機能です。

身のまわりの新型コロナ感染者数や発熱者割合がわかる新機能「健康予報」を医療相談アプリ「リーバー」に追加


現段階において健康予報は「時期ごとの注意すべき流行病に関する情報」「都道府県ごとの新型コロナ直近7日間新規感染者数」および、「リーバーに相談の多い内容・症状」または「自治体別学校発熱者割合」をトップ画面に表示します。

身のまわりで感染が拡大してきたと判断したら、手洗いや消毒、マスクの利用を積極的に実施し、外出や登校・登園を控えるといったアクションに役立てることが可能です。掲載コンテンツは今後、感染症の流行状況など必要に応じて逐次変更され、すべてのユーザーが病気の予防に努められる環境を提供していきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.