くらし情報『約2億円横領しキャバクラに注ぎ込んだ男 罪の重さや抑止方法を弁護士が解説』

2019年11月28日 13:45

約2億円横領しキャバクラに注ぎ込んだ男 罪の重さや抑止方法を弁護士が解説

目次

・不正入金を繰り返す
・罪の重さは?
・罪の重さは金額に比例する?
・会社が横領を抑止する方法は?
・しっかりとした対策を
約2億円横領しキャバクラに注ぎ込んだ男 罪の重さや抑止方法を弁護士が解説


11月7日、都内の電気設備工事などを手掛ける会社に勤務していた元社員(49)が、会社の口座から金を不正に自分の口座に入金していたとして業務上横領の疑いで逮捕されました。

その金額は総額2億5000万円にも上り、大半をキャバクラに使っていたと見られています。なお男は2017年に解雇されているそうです。

不正入金を繰り返す

警察によると、元社員は経理の責任者を任されており、インターネットバンキングを不正に利用。2013年から17年にかけてIDやパスワードを全て管理し、自分の口座に入金していました。

不正に入金していた金の大半は、キャバクラに使用。事件を聞いたネットユーザーからは「他人の金で豪遊するのはさぞかし楽しかっただろう」「自分が勤務している会社で発生したら殴ってやる」など、怒りの声が相次ぎます。

また、長年横領に気が付かなかった会社についても「どういう会社なのか」「管理体制に問題がありすぎる」と批判が上がりました。4年間で2億円近い金を横領されていたわけですから、批判されてしまうのは致し方ないように思えてしまいますね。

罪の重さは?

横領を繰り返し、キャバクラに注ぎ込んでいたという男。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.