くらし情報『きっと未婚の独身は後悔する?抑えておくべき将来への心構え』

2019年5月8日 13:52

きっと未婚の独身は後悔する?抑えておくべき将来への心構え

目次

・一生を未婚で生きる人は2割程度!?
・男女ともに「適当な相手に巡り合わない」
・未婚高齢者の末路は後悔しかない……のか?
・現在の独身者の老後は寂しいものだが。。
・60代になってから独身を後悔しても手遅れ
・「とりあえず独身」こそが後悔しがち!
きっと未婚の独身は後悔する?抑えておくべき将来への心構え


こんにちは、婚活FP山本です。独身者にありがちな悩みの一つに、親や周囲から「結婚しないの?独身はきっと後悔するよ?」などと頻繁に言われることが挙げられるでしょう。

そして、余計なお世話としか感じない人もいる一方で、結婚に焦っている人もいるのが実情かと。

しかし現実問題、本当に結婚せずに独身でいるのは後悔するものなのでしょうか。そこで今回は、後悔するのかどうか独身者を待ち受ける未来についてお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

一生を未婚で生きる人は2割程度!?

一生を未婚で生きる人は2割程度!?


まずは独身者の実情について、統計を通してお伝えします。総務省統計局の「国勢調査報告」によると、最新である2015年の生涯未婚率は男性23.37%、女性14.06%という結果です。(生涯未婚率とは50歳時の未婚率を表し、生涯独身でいる人の統計資料となっています)

平均すれば、ざっくり2割程度の人は一生結婚せずに独身で生きていると言えるでしょう。ちなみに1950年頃の生涯未婚率は、男性1.45%、女性1.35%だったので、いかに結婚しない人が増えてきたかが分かる結果といえます。これも一つの「時代の変化」でしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.