くらし情報『生命保険料控除の上限はいくら?確定申告・年末調整までに知っておきたい最大限度額』

2019年8月12日 13:04

生命保険料控除の上限はいくら?確定申告・年末調整までに知っておきたい最大限度額

目次

・生命保険料控除で適用できる最大の控除限度額
・誰でもできる新制度と旧制度の判別方法
・生命保険料控除の金額は、保険種類や契約の仕方によって変化する
・新制度と旧制度の保険契約が混じった生命保険料控除の上限額
・生命保険料控除は、確定申告や年末調整で適用を受ける
・まとめ
生命保険料控除の上限はいくら?確定申告・年末調整までに知っておきたい最大限度額


生命保険料控除は、1月1日から12月31日までの1年間で支払った生命保険料を基に計算される税金の軽減制度のことを言います。

この生命保険料控除は、制度による違いや加入している生命保険の種類によって分類や計算の仕方をはじめ、控除される金額も異なります。

加えて、生命保険料控除には、控除ができる上限額も決められていることから、本記事では、この生命保険料控除の上限額を中心に押さえておきたいポイントを解説します。

生命保険料控除で適用できる最大の控除限度額

生命保険料控除で適用できる最大の控除限度額


https://www.nta.go.jp/

わかりやすい例で解説しますと、新制度が対象の生命保険契約を締結し、一般用、介護医療用、個人年金用のそれぞれの契約に、1年間でそれぞれ120,000円ずつ支払ったものとします。

この時に算出される生命保険料控除は、以下のように計算されます。

一般用・介護医療用・個人年金用をそれぞれ単独で計算式にあてはめて計算

  • 一般用:年間支払保険料120,000円のため80,000円超に該当控除額40,000円
  • 介護医療用:年間支払保険料120,000円のため80,000円超に該当控除額40,000円
  • 個人年金用:年間支払保険料120,000円のため80,000円超に該当控除額40,000円
上記3つの生命保険料控除をすべて合算することで、1年間に適用できる生命保険料控除が確定することになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.