くらし情報『住民税が払えない…滞納したらどうなる?リスク&対策方法をFPが解説』

2019年12月10日 14:00

住民税が払えない…滞納したらどうなる?リスク&対策方法をFPが解説

目次

・住民税を未納!どうなるの?
・差し押さえまでの期間は最短で1ヶ月!
・住民税支払いを無視するとどんなリスクがある?
・どんな方が未納になりやすい?
・住民税の時効の期限
・未納が発生した時の対策は必ず理由を伝える事
・住民税の滞納・払えない場合に関するまとめ
住民税が払えない…滞納したらどうなる?リスク&対策方法をFPが解説


https://manetasu.jp

今回は住民税が払えなくなった場合について解説していきたいと思います。これまでは住民税の仕組みや詳細等解説が主でしたが、実際に支払いに際した場合、うっかり忘れていたや、支払うお金が手元に無い等の諸事情もあるかと思います。

そんな時どうすればいいのか?どんなリスクが発生するのかを解説しますので、参考になればと思います。

住民税を未納!どうなるの?

住民税を未納!どうなるの?


まずリスクについて解説します。住民税をもしも支払っていなかったらどうなるのでしょう?裁判になるのかな?凄い取り立てに遭うのかな?とネガティブなイメージが先行してしまいますよね。では具体的にどうなるかを解説します。

住民税未払い発生!その後の流れ
では具体的な流れについて解説します。まず前提として、住民税を支払っていなかったとします。すると、納付期限から10日以内に書面で未納の通知が自宅に届きます。

一般的にはこの段階で納付を忘れていたと気づき納付すれば問題はありません。しかし、その通知すら無視したとします。

次に届くのは「督促状」です。少し強めの言葉に変わって通知が届きます。また電話連絡も来ますので対応したいところですが・・・更に無視を貫いたとします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.