くらし情報『奨学金が払えない…自己破産したらどうなる?仕組み・その後のリスクをFPが解説』

2019年12月20日 20:00

奨学金が払えない…自己破産したらどうなる?仕組み・その後のリスクをFPが解説

目次

・奨学金が払えないとどうなるの?
・奨学金により自己破産した人のその後
・自己破産の前に活用すべき方法
・奨学金が払えない場合の自己破産に関するまとめ
奨学金が払えない…自己破産したらどうなる?仕組み・その後のリスクをFPが解説


https://manetasu.jp

奨学金を払えず、自己破産したら一体どうなるのでしょうか?自己破産は借金が帳消しとなり、その後の生活を立て直しやすくなる方法ではありますが、一方でリスクもあります。

この記事では自己破産の仕組みやその後のリスクを解説した上で、自己破産前に検討すべきことを紹介します。

奨学金が払えないとどうなるの?

奨学金が払えないとどうなるの?


日本学生支援機構(旧日本育英会)のIR資料(平成31年3月)によると、学生の2.7人に1人が同機構の奨学金を利用しています。つまり、多くの学生が社会人になってから、数百万円の返済をして行かなければならないのです。

もしも最高利率の3.0%で奨学金を利用した場合、借金は1,000万円を超えることもあるため、返済が苦しくなる人がいることも用意に想像できます。

自己破産者の客観的数は後述するとして、まずは奨学金が払えないとどうなるのか、以下内容を解説します。

  • 返済できないと督促が来る
  • 債権回収会社が回収する仕組み
  • 裁判所から一括返済が求められる
返済できないと督促が来る
奨学金の返済ができないと、日本学生支援機構から督促が来ます。借金の督促というと、嫌がらせをされたり、乱暴な取り立てのイメージがあるかも知れませんが、そのようなことはありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.