くらし情報『連帯保証人は変更できる?変更できる条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説』

2020年3月18日 14:00

連帯保証人は変更できる?変更できる条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説

目次

・賃貸住宅や借金の連帯保証人は変更できる?
・連帯保証人の変更のリスク
・変更の手続き方法!契約書などの必要書類
・連帯保証人制度の変更点
・まとめ
連帯保証人は変更できる?変更できる条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説


https://manetasu.jp

連帯保証人は主債務者の借金を保証しなければならないため、大きな不利益を被る可能性があります。できることなら連帯保証人を変更したいものですよね?この記事では連帯保証人の変更が可能な場合と不可能な場合を紹介し、手続き方法について解説します。

賃貸住宅や借金の連帯保証人は変更できる?

賃貸住宅や借金の連帯保証人は変更できる?


賃貸住宅や借金において、連帯保証人が必要となるケースがあります。連帯保証人は主債務者が滞納してしまうと、理由を問わず肩代わりしなければなりません。

この場合には主債務者と同じ責任を負うことになりますので、できれば変更したいものですよね。では、どうすれば連帯保証人の変更ができるのでしょうか?変更できる条件とできないケースについて解説します。

連帯保証人を変更できる条件
連帯保証人を変更できる条件は、「連帯保証人が未成年者の場合」「勝手に連帯保証人にされた場合」「根保証契約期間が終了した場合」「騙されて連帯保証人になった場合」が挙げられます。それぞれ以下にまとめますので参考にしてください。
連帯保証人は変更できる?変更できる条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説

これらのケースでは民法に基づき、連帯保証人を変更できる可能性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.