くらし情報『50代の貯金額の目安とは?平均的な貯蓄事情&老後資金の貯め方をFPが解説!』

2020年8月31日 14:00

50代の貯金額の目安とは?平均的な貯蓄事情&老後資金の貯め方をFPが解説!

目次

・50代の平均貯蓄額はいくら?
・50代で考えるべき老後資金
・老後資金を貯める方法とコツ
・50代の貯金額に関するまとめ
50代の貯金額の目安とは?平均的な貯蓄事情&老後資金の貯め方をFPが解説!


https://manetasu.jp

50歳を超えると人生後半戦だという人がいらっしゃいますが、人生100年時代の50代はまだまだエネルギッシュな年代です。しかし、老後資金を具体的に考えなければならない年代でもあるため、貯金額は気になるところです。

この記事では50代の貯金事情と老後資金の貯め方について詳しく紹介します。

50代の平均貯蓄額はいくら?

50代の平均貯蓄額はいくら?


サラリーマンにせよ自営業者にせよ、50代になるとライフプランが落ち着く年代です。結婚や子育て、マイホーム購入、子どもの教育などに一段落が付いており、残すライフプランは老後資金の捻出ぐらいです。

しかし、50代で満足に貯金ができていないと、老後資金の捻出に後手を踏んでしまいます。まずは50代の貯金事情について以下内容を解説いたします。

  • 50代の平均的な貯蓄は約1,574万円
  • 中央値は約1,000万円
  • 50代の6世帯に1世帯が貯蓄ゼロ
50代の平均的な貯蓄は約1,574万円
金融広報中央委員会の「2人以上世帯の家計の金融行動に関する世論調査(2019年)」によると、50代の平均貯蓄額はおよそ1,574万円です。

この額は現金による貯金だけでなく、株などの金融資産すべてを含んだ金額です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.