くらし情報『ネットバンキングはやめたほうがいい?安全性&メリット・デメリットをFPが解説!』

2020年9月22日 14:00

ネットバンキングはやめたほうがいい?安全性&メリット・デメリットをFPが解説!

は高金利で設定されていることも少なくなく、こうした点からもおすすめです。

一定期間預けることを約束するとはいえ、仮に必要となったときは解約も可能で、この場合のペナルティは定期預金の金利を受け取れないということだけです。

過失がなければ不正引き出しは全額補償される
ネットバンキングでは不正引き出しの犯罪が多発していることをお伝えしました。

もちろん、不正に遭わないに越したことはありませんが、仮に不正引き出しに合ったとしても、利用者側に過失がなければ全額補償されるという発表がなされています。ただし、補償を受けるためには銀行へ速やかに通知したうえで内容を説明し、捜査当局に事情説明することが必要です(被害発生日の30日後までに銀行への通知が行われない場合には補償は行われません)。

ネットバンキングのデメリット

ネットバンキングのデメリット


ネットバンキングを利用する際のデメリットとしては以下のようなことがあるでしょう。

  • IDやパスワードを忘れると自分でも利用できなくなる
  • IDやパスワードの管理が難しい
  • IDやパスワードの再設定が手間
  • 不正送金被害に遭うリスクがある
以下でそれぞれ解説します。

IDやパスワードを忘れると自分でも利用できなくなる
まず、ネットバンキングを利用するにはIDやパスワードを入力する必要がありますが、このIDやパスワードを忘れると自分でも取引できなくなってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.