くらし情報『保険金を受け取ったら医療費控除の計算はどうなる?仕組みや申請方法をFPが解説!』

2021年2月22日 14:00

保険金を受け取ったら医療費控除の計算はどうなる?仕組みや申請方法をFPが解説!

目次

・医療費控除とは
・医療費控除の計算方法
・医療費控除を受けるときの3つのポイント
・保険金を受け取ったときの医療費控除に関するまとめ
保険金を受け取ったら医療費控除の計算はどうなる?仕組みや申請方法をFPが解説!


https://manetasu.jp

本記事は、医療費控除を活用して税金の負担を軽くしたいと思っている方向けの記事です。制度の仕組みや計算方法、申請方法について分かりやすく説明します。

保険金の支給があっても、条件を満たせば医療費控除を受けることができます。制度についてしっかり把握することでより多くの税金還付を受けられる可能性がありますので、ぜひ最後までお読みください。

医療費控除とは

医療費控除とは


国税庁HP

節税額のシミュレーション
例えば、課税所得400万円・所得税率20%の人が20万円分の医療費控除を受けたとします。その場合、「20万円×20%=4万円分」の税負担が軽くなります。課税所得が10%の人と比べると節税額は2倍です。

そのため、同一生計の家族の分もまとめて控除を受ける場合は、もっとも課税所得の高い人が確定申告するようにしましょう。

年収ではなく課税所得を用いる点に注意
節税額の計算に用いるのは、年収ではなく課税所得である点に注意が必要です。課税所得は、年収から給与所得控除、扶養控除などの各種控除を差し引いて税額計算の基準にするものです。

扶養家族に複数名入れている場合、年収が高くても控除が大きいために課税所得が低くなっていることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.