くらし情報『40代夫婦の平均貯金額はいくら? 専業・共働き別の理想の貯金額とは』

2018年8月28日 19:27

40代夫婦の平均貯金額はいくら? 専業・共働き別の理想の貯金額とは

目次

・40代の平均年収は?
・手取りから貯金に回すお金の割合は?
・40代夫婦で貯金なしで大丈夫?
・40代世帯の平均貯金額は815万円
40代夫婦の平均貯金額はいくら?専業・共働き別の理想の貯金額とは

なかなか周りの夫婦に訊けない貯金額。若いうちは「まだ若いし」と楽観的に考えていても、40代に入ると老後が視野に入ってくることもあり、自分たちの貯金額が一般的に見て多いのか少ないのか、気になってきませんか?

今回はそんな40代夫婦の平均年収と貯金額を見ていきましょう。

40代の平均年収は?

転職サイトDODAが調べた平均年収ランキング2017によれば、40代の平均年収は541万円。

年齢の変化で見てみると、40歳513万円、43歳525万円、46歳559万円、49歳594万円と500万円台をじりじりと上がっていく結果でした。

40代夫婦の世帯年収は?
次に、40代夫婦の世帯年収を見ていきましょう。

  • 共働き
    フルタイムでの共働き夫婦の平均年収額は1,010万円でした。年収1,000万円の壁を40代で超えることに。
  • パートタイム
    妻がパートタイムの場合、配偶者特別控除の上限103万円の収入と仮定した世帯年収は690万円です。フルタイムの女性平均年収額も年齢に応じて上がっているため、フルタイム共働き世帯との差は徐々に大きくなっています。
  • 専業主婦
    妻が専業主婦の家庭では、平均年収は541万円です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.