くらし情報『【開催中】「ターナー 風景の詩(うた)」展 ー風景画の裏側を識れば、鮮やかになっていくー【MiLuLu】』

2018年5月13日 23:00

【開催中】「ターナー 風景の詩(うた)」展 ー風景画の裏側を識れば、鮮やかになっていくー【MiLuLu】

「海景‐海洋国家に生きて」「イタリア‐古代への憧れ」「山岳‐あらたな景観美をさがして」のターナーの風景画に見いだすことのできる主要テーマに分けて紹介されています。当時、貴族の修学旅行ともいえるグランド・ツアーが流行り、国外への旅行者が増えたことが大きく関係しているといわれています。毎年、ターナーはイギリス国内はもとより、フランス、イタリア、スイス、ドイツなど、ヨーロッパ各地にも足を運び、膨大な風景をスケッチしました。

ターナーが手掛ける絵画作品は、その土地の様子を精巧に描くことで、現代でいうところの『地球の歩き方』のような、旅行のガイドブック的役割を担っていました。是非、会場内を歩みながらヨーロッパ各国を旅する気分を味わってみてください。
写真(右)は近代絵画の父と称されるセザンヌが、モチーフとしてよく描いてたサント・ヴィクトワール山。ターナーとの山の表現を見比べてみると表現の違いが明確で面白いですね!

ビジネスマンの視点
【開催中】「ターナー 風景の詩(うた)」展 ー風景画の裏側を識れば、鮮やかになっていくー【MiLuLu】


《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》  1802年展示油彩・カンヴァス91.5×122cm             サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリーOn loan from Southampton City Art Gallery   ©Bridgeman Images / DNPartcom

海が持つパワーを表現しようと果敢に挑戦した《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》は、ターナーが晩年に買い戻そうとして叶わなかったというエピソードもある名作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.