くらし情報『夏よりも冬が要注意。ラ ロッシュ ポゼで紫外線ケアを。』

2018年12月20日 08:30

夏よりも冬が要注意。ラ ロッシュ ポゼで紫外線ケアを。

肌がゆらぎがちなこの季節。気温の低さや乾燥でスキンケアに気をつかう方も多いはず。しかし、冬の肌の対敵は乾燥だけではありません。実は日差しが強く紫外線を感じる春夏よりも、紫外線が弱い冬こそ紫外線は蓄積してしまうことが多いのです。夏の3分の1ほどの紫外線と言われている冬は、ケアを全くせずに外に出てしまいがち。きちんとケアをして1分外出する夏と比べて、ケアなしでわずか10分の冬の方が圧倒的に紫外線を溜めてしまうのだそう。日常だけではなく、ウィンタースポーツや雪国への旅行なども注意です。紫外線の反射率は芝生10%以下、アスファルトで10~20%、砂浜が10~20%に比べて、雪面はなんと80~90%。特に標高が高い場所で行うウィンタースポーツは紫外線が届きやすく空気の純度も高いため、紫外線の量は2倍とも言われています。そこで紹介したいのがラ ロッシュ ポゼのUVケア商品。皮膚科医のアドバイスを生かし開発された製品は、世界で25,000人以上の皮膚科医が採用し敏感肌の方も安心して使えます。ラ ロッシュ ポゼの歴史は非常に深く、14世紀に発見された源泉の湧水が17世紀に研究され、19世紀にはナポレオンが兵士の皮膚ケアのために“ターマルセンター”の前身となる施設を設立、1905年には世界発となる“ターマルセンター”が生まれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.