くらし情報『【住みやすい街】東京のブルックリン。「蔵前暮らし」を愉しめる人の6つの習慣。- Vol.11【プチDIY女子達のお部屋案内】』

2019年7月27日 17:55

【住みやすい街】東京のブルックリン。「蔵前暮らし」を愉しめる人の6つの習慣。- Vol.11【プチDIY女子達のお部屋案内】

しーんと静かな店内は、町工場だった場所をリノベーションして造られたとあって、天井がとっても高いのも気持ちの良い空間を作り出しているのかもしれません。食器だけではなく、ファブリック、日用品、スピーカーなど、様々なものに巡り合うことができます。

SyuRo
シンプルな内装の店内。落ち着きます。

SyuRo
天井がとっても高い!

SyuRo
使い勝手のよさそうな食器がそろっていました。

ほかにも、「道具屋nobori」、「proto器トタカラモノ」、など。どこも丁寧にセレクトされた食器や雑貨が静かに誰かに持ち帰ってもらえる日を待っているような、そんな雰囲気。定期的に訪れて、その日、心のアンテナにひっかかった1枚を選んで帰る生活も、素敵ですね。

道具屋nobori
「道具屋nobori」美濃焼きで作られたシンプルな食器が欲しくなってしまいました…。

proto器トタカラモノ
「proto器トタカラモノ」こちらも古いビルの2階にある器屋さん。

SyuRo
住所:東京都台東区鳥越1丁目16-5
http://www.syuro.info/

蔵前駅の賃貸を探す*

予約必至のパン屋に通う生活を

蔵前駅と、銀座線・田原町駅の間に位置する、パン屋さん「ペリカン」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.