くらし情報『結婚に夢を見ていたい深田恭子、不倫は「映画の中だけで」』

2011年8月11日 14:21

結婚に夢を見ていたい深田恭子、不倫は「映画の中だけで」

結婚に夢を見ていたい深田恭子、不倫は「映画の中だけで」
累計150万部を突破した東野圭吾の小説を映画化した『夜明けの街で』の完成披露会見が11日に都内で行われ、岸谷五朗深田恭子木村多江、そして若松節朗監督が登壇した。

その他の写真

映画『夜明けの街で』は、美しい妻(木村)と可愛い娘のいる幸せな家庭を持ち、安定した地位がありながらもミステリアスな年下の女性(深田)と恋に落ちていく男性(岸谷)の姿を描いた人間ドラマ。

若松監督は「日本一不倫の似合う男と言ったら、岸谷さん。いかにも不倫をしそうな人よりかは、誠実そうな男性が…というほうがいい。深田さんは若くて美しく、抱きしめたくなるような女性ということでお願いした。(木村)多江さんは、美しく静かな怖さを演じるならこの方しかいない」と話し、深田は「苦労しましたが、この作品で深田恭子の新しい一面を観ていただけると思います」とコメント。岸谷は「原作が非常に繊細な作品なので、ひとつの心の変化を辿っていく中で、その繊細さを上回るよう心の変化を緻密に演じなければいけなかった。とてもしんどい撮影で、本当に疲れました。不倫はまさに地獄なんでしょうね」と苦笑い。木村は「ラブストーリー、ミステリー、ホームドラマ、いろいろな角度から観ることのできる作品で、妻が夫の不倫にいったいどこから気付いていたのか、1回、2回と観てもらえるとわかるように監督と相談して演じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.